どうして30歳以上になるとお腹周りが太ってくるの?

20代ではそこまで下腹のお肉が目立たなかったのに、30代になってからお腹のお肉が目立つという方は、老化現象が影響しています。
人間の本来の寿命は短いと言われており、医療に一切かからずに人生を過ごしたとすると30年が寿命だと言われています。

 

現代において30歳は人生これからです。

 

しかし、人生においてはこれからですが、肉体的にはどんどん下降する年代なのです。

 

まず、その証拠に30代に入ると基礎代謝が落ちてきます。基礎代謝が落ちると20代と同じ量の食事をしてると、エネルギーとして燃焼できずに体内に溜まっていきます。

 

次に筋力の低下もあげられます。

 

30代を超えると体全体の筋力が落ちてきますから、何もしてないと重力と共にお肉が下がってきます。筋力が落ちると運動すること自体が嫌になってしまう傾向になりますから、ますます運動しなくなります。

 

まさに悪循環になってしまうんです。

 

運動をしないと内蔵が下がってくる?

基礎代謝の低下により余分な脂肪が溜まります、そして筋力低下により溜まった脂肪と一緒に筋肉も下がります。

 

それはつまり内臓の位置が下がってくることであり、ちょうど下腹にお肉がたっぷりと付く状態になるわけです。

 

そのためお腹周りがぽっこりとしてしまうんですね。

 

運動をしていれば少しは下腹のお肉を防げるのですが、運動不足になると下腹付近の筋肉をほとんど使わない生活を送ってしまいます。歩く時もしっかりと歩幅をとらずにすり足で歩いてしまったり、階段を使用せずにエスカレーター、エレベーターを利用しがちになってしまったり…

 

人間が本来の生活で使用する上半身と下半身の中間に位置する筋肉を使わなくなってしまうんですね。

 

腰回りの筋肉は体の中心になります。

 

この中心の筋肉を使わない生活ですから、上半身から中心へ重力と共にお肉が集まります。同時に歳をとると、代謝の影響から内臓に脂肪が付きやすくなり、男性は内臓脂肪が特につきやすい傾向にありのでメタボ体型になってしまいます。

 

女性の場合には皮下脂肪が付きやすく、二の腕のたるみなどが目立つように、皮膚の下に脂肪が付きやすくなってしまうのです。

 

このように男女で脂肪が落ちない要因も多少違いますが適度な運動をすることでもかなりの違いが出てきます。運動がめんどくさいと思っている方は何らかの対策を取っていかなけらばますますお腹周りのお肉は付いていくばかりですよ!