簡単にできるぽっこりお腹周りの脂肪を落とすエクササイズとは

特に集中的にダイエットをする程でもないけれど、最近お腹周りががポッコリしてきた、そう感じたら早い段階で解消させた方が良いでしょう。

 

お腹周りのポッコリの原因は脂肪がついてしまっている為ですが、これを解消するには身体の基礎代謝を上げて、脂肪を燃焼させる必要があります。

 

但しお腹は脂肪が付き易く落ちにくい部分ですので、一般的な筋トレよりも「お腹に効く」方法を取り入れることがポイントです。

 

ヨガ

ヨガは直接筋力を増やしてダイエット効果を狙うものではありません。
ヨガはゆっくりとした運動を行うことで呼吸法を整える効果があり、大きく息を吸ったり吐いたりすることで副交感神経が刺激されてリラックス効果を得ることができます。
リラックスした状態では血行が改善され身体の細胞が活性化します。これにより間接的に基礎代謝が上がりやすくなります。ヨガを習うと腹式呼吸も教わるので、下腹引締めにも効果的です。

スクワット

基礎代謝を上げる為に筋トレをしようと思ったら、身体の筋肉の中でも大きな部分を占める太ももを鍛えるのが効果的です。
太ももの筋トレと言えばスクワット、これにはお腹周りの脂肪だけではなく、背中の脂肪を落とす効果もあります。お腹を引締めというと腹筋運動を思い浮かべる人もいますが、実は腹筋運動よりもスクワットの方が倍近く代謝率が高いと言われています。

肩甲骨をほぐす

肩甲骨の周辺の筋肉をマッサージしたりほぐすと、リンパの流れが良くなり内臓機能が活性化されて基礎代謝が上がります。
肩甲骨をほぐす方法としては手を後ろに組んで左右の肩甲骨を出来る限り近づけるエクササイズなどがありますが、すぐに身体全体がぽかぽかと温まるのが分かります。100円ショップにある肩用のツボ押しグッズも効果的です。

 

お腹周りの脂肪を落としたいからと筋トレばかりしていても辛くて長続きできません。

 

まずは下腹に効果的な運動やエクササイズを集中して行い、基礎代謝を上げてから段々と運動量を増やしていくのがお勧めです。