腹筋女子になるためのトレーニング方法

女性におすすめする簡単な腹筋の鍛え方ですが、まずは1日30秒ずつで下腹部を鍛えることができるトレーニングをご紹介します。

 

※各種目30秒ごと行います。

 

下腹部と腸腰筋を鍛えるレッグドロップを説明します。

 

やり方はまず、仰向けになり、足を伸ばして開始姿勢をとります。この体勢から股関節が90度になるまで足をあげます。足をおろし、上下を繰り返します。下ろした時に足を床につけないようにて、動作中は常に浮かした状態を保ちます。

 

次にシングルレッグ・リバース・クランチをご紹介します。
仰向けになって足を伸ばし開始姿勢を取ります。この姿勢から片脚ずつ交互に自転車をこぐように脚を回転させます。ただし動作中、伸ばした脚は床につけず、浮かした状態を保った状態でいましょう。

 

次にメディスンボール・パスですが、これも先程お伝えしたトレーニングと同じ下腹部を鍛えるトレーニングです。

 

仰向けになり、足首あたりにストレッチの際に使用するようなボールを置きます。そして腕を頭上の伸ばして全身が真っ直ぐになるように開始姿勢を取りましょう。この姿勢から背中の上部を浮かし、手を前方へ伸ばします。同時に股関節とひざを90度に曲げてください。ボールを取り、開始姿勢に戻します。以降この動作を繰り返します。ただし、もしボールがない場合は、500ml〜1リットルのペットボトル足首あたりに縦に寝かせて実践してもいいでしょう。動作中は、伸ばした脚は床につけないで、浮かした状態を保ってください。

 

最後にシーテッド・スプリンターをご紹介します。

 

下腹部・腹斜筋・腸腰筋・腹筋上部を鍛えるもので、下腹にも効果があります。

 

やり方ですが、まず、上体を45度ほどにおこして足を床から浮かして開始姿勢をとります。次にこの姿勢から腕を振り、同時に前に出した腕と対角線の脚を引き付けます。

 

また、このような方法の他に、常に下腹に力を入れたりすることで下腹の脂肪を減らす事も出来るようです。

 

以上が下腹に効く簡単な腹筋の鍛え方でした。どれも家の中で出来るものばかりなのでよければぜひ試してみてください。