基礎代謝を上げると効率的にダイエットできる?

『基礎代謝』はダイエットをするのに絶対に出てくる単語で、これを理解しているかしていないかで今後あなたがダイエットをしていく上で大きく違ってきます。

 

『基礎代謝が低い』ということは、痩せにくい体であると言えます。

 

この『基礎代謝が低い』ことは肥満の原因にもなりえるものということを理解しておきましょう。

 

基礎代謝とは

横に寝ているなど全く体を動かさない状態でも、息をしたりや体の温度の調整するなど私たちが生きていくために常時消費されているエネルギーのことをいいます。

 

個人差があり、一般的には10代後半までは増加し続け、20代からは低下していきます。また、特に40代になるとこの基礎代謝をいうものが急激に落ちることが多く、年齢が上がるほど痩せにくくなる大きいな原因だといえます。

 

さらに、年齢を重ねていくと、運動量も筋肉量も減少して、おのずと体脂肪が増加していきます。なので、お腹回りをダイエットするときには、若いころとは違った年齢にあったダイエット計画を考えることも重要です。

 

まず、30代以上であれば低くなった基礎代謝をあげることが重要で、そのためは偏った食事、不規則な生活を見直し、そして運動不足を解消し適度な運動を取りいれ減少していく筋肉をつけて体脂肪を減らしていくことが不可欠です。

 

また、男性、女性問わず30代以上からダイエットをするのであればサプリメントなどで補助をすることでより効果的に基礎代謝をあげることができるので是非とも利用することをおススメします。

基礎代謝を上げると

ダイエットをするときには、できるだけ身体に筋肉がついていた方が有利です。

 

それは筋肉は身体の基礎代謝を高める力を持っているため、筋肉量が多ければ多いほど、食べ物から摂取したエネルギーが勝手に使われからです。

 

つまり、食べた分が溜まりづらくなり、脂肪になる分が減っていくということが言えるからです。
そうなれば、筋トレをしていけば、この基礎代謝も上がっていきますから、自然と痩せやすい身体になっていくということが言えます。
しかし、問題は筋トレをいつするか?ということになりますが、筋トレは1日の中でいつやっても同じではありません。
効果的な時間帯があるので、それを踏まえてやっていくことが大切になります。
では、具体的にいつが良いのか?というと、筋トレの効果を最大限享受して行くためには、時間帯としては朝起きたときが良いのです。
それはなぜか?というと、筋トレをしていくと、それによって代謝が上がっているからです。
筋トレを継続していった結果、筋肉がついていけば、それだけ基礎代謝も上がっていくということが言えます。
しかし、筋肉がつく前であっても、筋トレをすることで筋肉が刺激を受けて、それによって代謝がよくなります。
その状態で生活をしていけば、寝ているときよりは身体のエネルギー消費量は高くなると言えるのです。
筋トレをいずれ継続すれば基礎代謝が上がってダイエットに有利になりますが、筋トレをするだけでも代謝がアップするので、その日々の代謝アップのメリットを生かすには、朝筋トレをして、その状態で1日を過ごしていくべきとなります。