中年のたるんだお腹を引き締めるには

なぜか中年を過ぎると他の部分はそれほど太らないのに、お腹周りばかり太ってしまって、ぽっこりお腹になってしまうものです。

 

このお腹がたるむことはそれなりに原因があるはずですが、便秘も原因の一つとして考えられます。便秘症になると下腹が張ってきてぽっこりお腹になってしまいます。

 

毎日スッキリできないときには、便秘薬などを使ってスッキリすることも考えたほうがいいでしょう。

 

手足は細いのにお腹ばかりぽっこりしてしまうことは脂肪がたまっているからです。

 

脂肪を燃焼するには運動するしかありません

最近では手軽にできる腹筋運動器具が出ているので、そういうものを利用して腹筋運動をするのも一つの手です。

 

中年になるとお腹に脂肪がたまってしまうことが多いのですが、お腹の脂肪を筋肉に変えるように運動をすることが大事です。

 

簡単にお腹まわりを引き締めるには

最近ではシックスパッドなどお腹にはるだけで腹筋運動をしたような働きがあるものも出ています。脂肪の部分にピクピクと電流が流れて、効率よく下腹をぺったんこにすることができるということです。

 

腹筋器具といえばワンダーコアスマートがありますが、これは起き上がるときにはサポートされて、後ろに倒れるときに腹筋に力が入るようになっているのです。負荷が変えられるので、自分の理想の下腹になるように調節して使うことができます。

 

それに、スリミングジェルというものもあって、下腹の部分にジェルを塗って10分間マッサージすると脂肪が消えて出っ張りがなくなるというものもあります。

 

しかし、どちらもお金がかかるので、お金がかからずにお腹まわりをへっこませるためにはヨガマットの上で膝を立てて、上半身を起こすような感じに腹筋を鍛えるのが一番ポピュラーな運動方法です。

 

運動をした翌日に下腹に筋肉痛が起きたとしたら、効いていることで続けるとお腹のたるみをなくすことができます。

 

腹筋運動は長時間するよりも、短い時間でもいいので毎日続けることが大事です。